風俗でプチパニック

まだまだという原石がかえって良かった

あんまり色気があるって程でもなければ、美人って訳でもないのは、あまりメイクをしていないからでしょうね。それはサボっているとかやる気がないからって言うよりも、まだまだそういった価値観が無い、初々しい風俗嬢だったからだと思うんですよ。そう思った理由の一つにアンダーヘアの手入れがあります。今の時代は風俗嬢がアンダーヘアの令をするのは当たり前と言っても良いじゃないですか。むしろアンダーヘアの手入れをしていない風俗嬢を探す方が難しいレベルと言っても決して過言ではないんですけど、彼女は全然手入れをしていませんでした。でもむしろそっちの方がそそられるなとも思いました。自然な形で生い茂っている方が、なんとなく色気を感じたんですよね(笑)ナチュラルっていうか、見られることを意識していない無防備なアンダーヘアといい、彼女はまだまだこれからというか、今後メイクや女らしさを磨いていけば、いずれはかなりの上玉風俗嬢になるんじゃないかなと。

一番こだわるのはどこかといえば…

一番風俗でこだわること。それは風俗嬢の反応なんです。自分自身、脳で感じるタイプなんでしょうね。だから直接何かをされるよりも、相手が感じている姿を見たりとか、どんな声を出しているのかによって興奮してくるんですよ。しかもそれは自分が何かをしている訳です。それによってどんな反応をしてくれるのかは、やっぱり大切な部分なんじゃないかなって思うので、相手が良い反応を示してくれるよう、自分でもテクニックに磨きをかけるようにしています。相手がどれだけ感じてくれるのかは、こちらがどれだけのことを出来るのかにかかっていると言っても決して過言ではないんです。テクニックがないのに相手に良い反応をしてくれって言ってもそれはナンセンスというか、女の子だって感じていないのに過剰な反応をするのは出来ないじゃないですか。だから自分がじっくりと女の子を攻めるよう、テクニックにもある程度磨きをかけるようにしているので、自分のテクニックも大切だなって。