風俗でプチパニック

風俗嬢が一番気楽な存在なんです

自分のライフスタイルの中で、一番気楽に接することが出来る存在が風俗嬢かなって思いますね。仕事の最中は上司にせよ同僚や部下も、あくまでも「仕事の人」なので気を使うのはもちろんですけど、時にはぶつかることもありますし、特に上司は感情的な人なのでこっちもかなり気を使います。友人も結婚するようになっているので、あまりリラックスして遊べる相手そのものがいないんですよね。だからこそ、風俗に行く時を使わないで良い女の子の存在が眩しいし、ありがたいなって気持ちにもなるんですよね。だから快感そのものも魅力的だとは思いますけど、それよりもむしろ何も考えず、ありのままの自分でいられる場所だからこそ、好きなのかなって思いますよね。いくら快感をもたらしてくれる場所だとしても、気を使わなければならないような場所だったらやっぱりそれはそれでとっても大変なことだと思うんですよ。でもそうじゃないんです。それが自分の中で大切かなって。

分かってきたことがある

長年風俗で遊んで分かってきたことがあります。それは、風俗で遊ぶ時には自分自身が恥ずかしがっていてはダメだなと(笑)基本的なことかもしれませんが、恥ずかしがっているようではだめですね(笑)初心者と言うか、まだまだ風俗で遊んだキャリアが少ないと恥ずかしいって気持ちになるのはよく分かります。でも、恥ずかしがって相手に自分のしてもらいたいことを言えなかったり、あるいは自分にブレーキをかけてしまっていては、楽しめるものも楽しめないんじゃないかなって思いますよ。そもそも、恥ずかしがるくらいなら風俗に行かない方が良いっていうのは極論かもしれないんですけど、相手からすれば男の裸なんて見慣れたものなんです。わざわざ意識するようなものではないんです。そう思ったら、恥ずかしがる気持ちはただ単に自意識過剰なだけだってことに気付かされるんじゃないかなって思いますけどね(笑)だから思い切り自分の仮面を脱ぎ捨てることこそ、風俗では大切です。